心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

メンタルアップ 自由な心の育て方

死について考えるとなぜ自尊心やヤル気が上がるのか?【人生向上】

投稿日:

死ぬことなんて考えたらメンタルに悪そう・・・
ぬこ

 

じつはそうではありません。

「死」について考えることについては、いろいろな研究がされていますが、衝動を抑えられるようになったり、貯金が増えるなんていう報告もされています。

 

今回紹介するケント大学の実験()では以下のことが分かりました。

 

「死」について考えると

  • うつ傾向の改善
  • 気分の向上
  • 自尊心の向上
  • モチベーションの向上
  • 人間関係の向上
す、すごい・・・

でも、どうやったの?

ぬこ

 

気になりますよね。さて、実験の内容はこうです。

 

死について考えるとメンタルにどんな影響があるのか?

ケント大学の実験

ケント大学、心理研究者のネイサン・へフリックの実験です。

死について考えることがメンタルにどんな影響を与えるのかについて実験を行いました。

 

参加者(学生)は1週間にわたって、毎日以下のトピックのうちどちらかを実行しました。

  • 死について考えたことを紙に書く
  • 死にまつわる質問アンケートに答える

 

 

1週間死について考えた結果

7日後、参加者のポジティブ感情とネガティブ感情をどのくらい経験したかを調べました。

その結果、精神的に良い効果があるということが分かりました。

 

死について考えると

・うつ傾向が改善
気分が向上
・自尊心が向上
・モチベーションが向上
・人間関係が向上

とのことです。

 

死ぬことなんか考えたら、逆に病みそうな気もしますが、なんでこんなにいい効果が出たんでしょうか?

 

なんで「死」について考えるとポジティブになるのか

結論からいうと、死について考えると「普通だと思っていたこと」が際立って感謝できるようになるからです。

 

毎日死ぬことを意識して生活すると、ふだん何気なくやっている行動が「あたりまえじゃない」ということに気づきます。

そして「死」という、いわば最悪の状況を想像することで、些細なイライラのようなどうでもいいことがちっぽけに感じられるんですね。

 

それで気分がよくなったり、ストレスが減ったりするというわけです。おまけにモチベーションも上がるので、やりたいことにも集中できるようになります。

 

ほんと意外ですよね。人間って面白いですね。

 

死について考えてみよう

「死」について考えることが、人生にいい影響を生むということは他の研究でも明らかになっていることです。

ということで、人生をよくするために死について考えてみましょう。

 

とはいえ、どんなことを考えたらいいか迷ってしまうといけないので、例をいくつか載せておきますね。

1日1つずつ質問に答えてみてください。

 

死について考えてみる

・今日、死んでしまうとしたら今から何をしますか?

・もし1年後に死ぬと分かってしまったら、どんなことをやっておきたいですか?

・自分の葬式の際に、家族や友人にどんなことを言われたらうれしいですか?

・身近な家族や友人を1人思い浮かべてください。もしその人が死んでしまったとしたらどんな気持ちになると思いますか?

・もし死んだらそのあとはどうなると思いますか?

・何をもって「死」と判断しますか?「脳死」は生きていると言えますか?それとも死んでいると思いますか?

・死ぬことは悪いことですか?逆に死ねないとしたら、それはいいことですか?

いくつかピックアップしてみました。

 

毎日1つずつ取り組んでみてくださいね。

 

ところで、記事を書いてたらなんだかしんみりとしてきてしまったので今日はこのへんで、

 

いや、メンタル落ち込んでるやないかい
ぬこ

 

それでは、また。

 

あっ、よかったらやってみた感想とかコメントをいただけると嬉しいです。

↓Twitterで共有してくれても喜びます!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-メンタルアップ, 自由な心の育て方
-,

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.