心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

ナチュラリズム 自由な心の育て方

ビッグファイブ(BIG5)心理学的に最も根拠の高い性格診断テスト

更新日:

ふじ
どうも、ふじです!
今回は、あなたの5つの性格特性を診断していきます。
科学的に最も信頼のおけるテストです。

 

世の中には、いろんな性格診断や占いのようなものがありますが、どれも信頼性に欠けるというのが欠点ですよね。

 

星占いとか血液型占いは、やっていて楽しいですが、残念ながら研究材料にできるような指標にはなりません。

 

その点、BIG5は心理学研究で最も使用される、世界的にも信頼性の高い性格診断になっています。本記事では、5つの性格特性を診断する「BIG5テスト」と簡単にサクッと診断できる「簡易版BIG5テスト」の2つを紹介します。

【PR】
安心安全「with」
恋愛婚活マッチ

 

ビッグファイブ(BIG 5)とは

ビッグファイブとは、人間のパーソナリティ研究から生まれた、性格特性論です。オレゴン大学の名誉教授ルイス・L・ゴールドバーグが提唱しました。

 

ゴールドバーグによれば、人間の性格を表す膨大な種類の言葉を分類した結果、5つの特性に分けられることが分かりました。心理学ではこれを特性5因子論といいます。

 

その5因子というのは、次の要素です。

5つの要素

・開放性
・誠実性
・外交性
・協調性
・神経症的傾向

 

5つの要素 意味 特徴
開放性 新たな美的、文化的、知的な経験に開放的な傾向 好奇心
創造性
審美眼
誠実性 計画性、責任感、勤勉性の傾向 自己コントロール
粘り強さ
熟慮
外交性 自分の興味や関心が外界に向けられる傾向 積極性
社交性
陽気さ
協調性 利己的ではなく、協調的に行動できる傾向 思いやり
優しさ
神経症的傾向 感情的反応の予測性と整合性の傾向 不安
イライラ
精神の安定

 

それぞれの傾向をどれくらい持っているかで、その人の性格を表します。このテストの特徴は、数値が高いとか低いというのは関係ないということです。どの傾向にもそれぞれの長所と短所があります。

 

(例えば、「協調性が低い」と診断された場合は、チームワークが苦手な反面、周囲に流されず揺らぎない信念を持つことができると解釈できます)

 

やってみよう

ビッグファイブの診断を受けてみる(所要時間:約5分)
こちら⇒パーソナリティ理論を応用した5つの性格診断 ビックファイブ

 

診断を受けるとこのような結果が表示されます。

ふじの診断結果

 

僕の場合は、協調性が低く、情緒安定性(神経症的傾向)と開放性が高いという結果でした。外向性と誠実性は普通ですね。

 

この結果から、「組織に属すよりも一人で興味のあることに打ち込んだ方が、より自分に合っている」と分かったことが僕にとって大きな収穫でした。今までは組織に属していましたが、一人で黙々と仕事できるように環境を整えるきっかけになりました。

 

もちろん、幸福度・満足度は劇的に改善しました。

 

やってみよう

ビッグファイブの診断を受けてみる(所要時間:約5分)
こちら⇒パーソナリティ理論を応用した5つの性格診断 ビックファイブ

 

 

簡易版ビッグファイブ(BIG 5)

こちらは、ペンシルバニア州立大学のジョン・ジョンソン博士がビッグファイブテストを簡略化したものになります。10問の質問からなるテストでメモ紙とペンさえあれば、その場で性格分析ができます。

 

それでは、実際にやってみましょう!

 

【簡易版BIG5テスト】

次の10項目について、1~7点の点数をつけていきます。

 

各配点は以下の通りです。

1点 まったく当てはまらない
2点 ほとんど当てはまらない
3点 あまり当てはまらない
4点 どちらともいえない
5点 すこしあてはまる
6点 だいたい当てはまる
7点 完全に当てはまる

 

では、次の10問に1~7点で答えていきます。

Ⓐ外向的、情熱的

Ⓑ批判的、おこりっぽい

Ⓒ自制心が高い、頼りがいがある

Ⓓ心配性、動揺しやすい

Ⓔ新しいことに対してオープンである

Ⓕあまり自己主張しない、無口

Ⓖ共感能力が高い、優しい

Ⓗ物事にこだわらない、ぶっきらぼう

Ⓘ温厚、感情が安定している

Ⓙ形式にこだわる、創造性が低い

 

【結果の計算のしかた】

外向性=(8-Ⓕの点数)+Ⓐの点数
神経症的傾向=(8-Ⓘの点数)+Ⓓの点数
開放性=(8-Ⓙの点数)+Ⓔの点数
協調性=(8-Ⓑの点数)+Ⓖの点数
誠実性=(8-Ⓗの点数)+Ⓒの点数

 

【結果の見かた】

まず、平均値と比べて高いか低いかで見ていきます。

平均値 男性 女性
外向性 8.5 9.1
神経症的傾向 5.7 6.7
開放性 10.7 10.8
協調性 10.1 10.6
誠実性 10.4 11

 

つぎに、点数が高い場合、低い場合の特徴を見ていきます。

高い人 低い人
外向性 人間関係構築が得意 集中力が高い
神経症的傾向 繊細 メンタルが強い
開放性 創造性が高い 規律をしっかり守る
協調性 チームワークが得意 リーダー、アーティスト気質
誠実性 コツコツ仕事する リスクをとれる

 

いかがでしょう、正しく分析できましたか?

 

この方法を覚えておけば、こっそりあの人を分析できるかもしれませんね・・・

 

また、しぐさや表情からもヒントを得ることができます。(もちろん完璧には読めません)

【海外ドラマ】ライ・トゥ・ミーからしぐさ・表情の心理学を学ぼう

海外ドラマのライ・トゥ・ミーは精神行動分析学者であるカル・ライトマンが、「微表情」と呼ばれる一瞬のしぐさや表情から嘘を見破ることで、犯罪捜査をはじめとするトラブル解決の手助けをする姿を描く。 主人公で ...

続きを見る

 

まとめ

 

以下、本記事のまとめになります。

 

・ビッグファイブは最も信頼性の高い性格特性テストである

外向性、神経症的傾向、開放性、協調性、誠実性の5つの要素で分析する

数値が高くても低くても、それぞれの長所・短所がある

 

 

自分の性格を理解して、より幸せになれる選択をしていくようにしましょう。

 

それでは、また。

 

追伸メンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングサイト「with」ではBIG5分析をはじめ、あいてや自分の性格や傾向を統計処理して教えてくれるというお助け機能があります。

自己理解を深めたい」「異性といい関係が築けるようになりたい」「おまけに恋人ができたらいいな・・・」という方は、下にリンクを貼っていますのでぜひ活用されてください。(無料で利用できます)


安心安全「with」
恋愛婚活マッチ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-ナチュラリズム, 自由な心の育て方
-, ,

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.