心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

ナチュラリズム 自由な心の育て方

【人生の目的】生きる目的を探すな。そんなもん自分の手で作り出せ!

更新日:

人生の目的とは何か?この人類最大のテーマの答えはいまだ明らかにされていない。2600年前に「ブッダ」が唯一明らかにしたと聞くが、なぜこの問いは解決していないのだろう?

 

それは、こういうこと。

 

結論

人生の目的なんて存在しない。あるとすれば、自分の生きる意味だけだ。

 

人生の目的は存在しない

しょっぱなから実に爽快な結論を述べさせていただきました。あなたが、この先の人生を無駄にしてしまわないためにも、あえて言っておきたかったのです。

 

この記事で僕があなたに伝えたいことはこうです。本記事は次の一節に尽きます。

 

もし仮に、人生の意味はこうだ!と明らかになったところで、あなたはそれに納得するだろうか?

いや、難しいでしょう。

 

「魂を磨くことだ」とか「何かに仕えることだ」「役割を果たすためだ」なんて言うのは、もし本当にこういうことが人生の目的だったとしたら、果たしてその通りに生きますか?

いや、僕は御免こうむりたい。つくづく反吐が出る。

 

僕の答えはこうだ。

人生の目的は自分自身でつくりあげるものだ

 

 

もしも僕に興味が持てたら、あるいはこの意見を知りたいのならこの先を読み進めてみてください。

 

まとめ

人生の目的は自分で作るもの

 

 

人生の本質は大自然が教えてくれる

自然界で最もエネルギーを持った生命、それは木や草といった「植物」です。(植物は地球上で一番の分布を誇る生命体である)

 

そんな植物の生き方を参考にしない手はないでしょう。

【植物の生き方】

・空に向かって伸びる

・花を咲かせて実をつける

 

つまり、植物は生きる目的を果たすべく活動しているのではなく、ただそこにある。

 

これを人間に例えるならこうなります。

【人間の生き方】

・自分らしく生き、常に前進する

・自分の才能を開花させ、何らかの成果をあげる

 

同じように、人間も「ただそこにある」ものです。人生の目的や意味を見出すとしたら、それは個々人においてそれぞれ違ったものになるでしょう。

 

大事なのは、今の自分よりも成長することで、才能を開花させ、何らかの成果を上げること。ここに個人個人にとっての「意味」とか「目的」が加わってくるということではないでしょうか?

 

そうすると、人生の目的をさがすということよりも、自分とはどんな人間か?ということの方が重要になってきます。

 

 

自分の価値観を明らかにする

自分の価値観を明らかにする方法、というのはいくつもありますが、今回おすすめしたいのは、ズバリ筆記開示です。

 

筆記開示については別の記事でも詳しく解説しています。

>>筆記開示でうつ・不安・ストレス解消【たった8分で幸せになる方法】

 

筆記開示とは、読んで字のとおり「書いて明らかにすること」です。この方法はブレインダンプとも呼ばれます。

 

ブレインダンプとは「頭の中の情報をどさっと降ろすこと」。ダンプカーが荷台に積んでる砂利をザパーっと降ろしているところを想像すると分かりやすいです。

 

なぜ、この方法がいいのかというと、あなたの価値観というのはあなたの頭の中にしかないからです。つまり、あなたの頭で考えた文章や言葉、行動というのは、あなたの価値観が反映されたものということになります。

 

これを目に見える形にして俯瞰(ふかん)して見るためにやった方がいいのです。間違えても、あやしい診断テストとか、他人にどう思う?と聞くのは間違っています。自分のことは自分でやりましょう。

 

では、実際にやり方を見ていきましょう。

 

価値観を明らかにするワーク

今回は、自分の価値観を明らかにするにあたって2つのことをします。それは「やりたくないこと」と「やりたいこと」を書き出していくというものです。

 

いくつ書いてもいいです。制限はありませんし、これといった条件もありません。ただ、思いつくままに書けばいいのです。(僕は200個くらい書きました。)

 

たくさん書けば書くほど、アイデアが出てこなくなるという瞬間が出てきますが、それでもひねり出したアイデアというのは、より本当の価値観が反映されやすいと言われています。(時間が許す限り取り組んでみましょう)

 

ちなみに、どんな感じになるのかわからないという人のために、実際に僕が書いた筆記開示の一部を乗っけておきますね。

 

僕の場合は少々、わがままを書きすぎているような気がしなくもないですが、これくらい書いてもらってかまいません。どうせ誰かに見せるわけではないので。

 

 

やりたくないこと

・嫌いな人と仕事したくない

・他人に指示されたくない

・空気を読みたくない

・報連相はマジでめんどくさい

・他人にへこへこするのはまっぴら

・相手の都合に左右される予定は組まない

・価値観に合わないことはやらない

 

やりたいこと

・自分の時間に邪魔が入らない環境をつくる

・家庭果樹園はつくりたい

・超精神的自由を究める

・人生の意味や目的の解明

・究極芸術の完成

 

こんな感じでした。ちょっと人様に見せられたものじゃないですね(笑)

(※たくさん書いたうちの一部です)

 

僕の価値観は、この記事を書いていてもやはり思うのですが、「目的」がキーワードになってました。また抽象的な概念(自由、幸せ、平和、愛など)を自分なりに理解することに重大な価値を置いていることが分かりました。

 

まとめ

人生の目的なんてのは存在しないんだよということをお話してきました。もしあるとすれば、それはあなたが本当に大事な価値観を身につけたときでしょう。

 

目的なんてのは人が教えてくれるものじゃありません。必ず、あなたの手で切り開いていくべきものです。僕は人生の目的をまじめに考えているあなたの味方です。応援していますよ!

 

あ、あと、筆記開示はマジで「人生が変わるツール」の一つなので、愚直にやってみることをおすすめしておきますよ。

 

それでは、また。

 

次に読みたい記事

>>「自由とは何か?」の答えを述べよ【自由を愛する人の哲学入門】

 

こちらもおすすめ

>>自由になりたいなら本質思考を生きろ【スマートかつ自由になる方法】

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-ナチュラリズム, 自由な心の育て方
-, ,

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.