心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

ポジティブ心理学 自由な心の育て方

【ウェル・ビーイング】幸福の5つの要素とは?【ポジティブ心理学】

更新日:

どうも、ふじです!

生き方を迷っている方って、多いので、今回は人生の幸せについて書いていこうと思います。ただ、一つ断っておきたいのが僕自身「幸せ」っていう言葉は嫌いなんですよね。

なぜ嫌いかというと、世の中の認識的に「幸せ=ハッピー」だからです。

僕はどちらかというと、大勢で楽しく交流したり、サークル活動みたいなのは苦手な方なんですが、これって遺伝子で決まってる部分があるので、正直どうしようもないじゃないですか。



陽気じゃなきゃ幸せじゃないみたいな言葉のイメージがどうも引っかかりませんか?


でも、安心してください、陽気じゃなくても普通に幸せになれますんで。というのも、ハッピーというのは幸福の構成要素の一つでしかないからです。ポジティブ心理学を創設したマーティン・セリグマンが言うには、幸福には5つの構成要素があるので、その要素を紹介していきます。

 

幸福の5つの要素

  1. ポジティブ感情
  2. エンゲージメント
  3. 意味
  4. 関係性
  5. 達成


この5つの要素をまとめて、ウェルビーイングと呼びます。ウェルビーイング=幸せではなくて、5つの要素それぞれが1つの幸せなんだという風に理解してください。

ウェルビーイングとは天気や自由のような抽象的な言葉です。つまり構成概念のことをいいます。天気も同じで、気温や湿度、風向きなど多数の要素を含む言葉です。そういう意味で「幸福」は天気に似ていると言えます。

 

1.ポジティブ感情

うれしいとか、楽しいとか、きもちいいとか、そういう快楽の感情のことです。さっき出てきたハッピーもこのポジティブ感情っていうやつです。

例えば、友達と集まってワイワイやってると幸せっていうのは、このポジティブ感情を感じている状態といえましょう。ただ、このポジティブ感情には問題点があります。

それは、

  • 遺伝で50%決まっている
  • 慣れが生じる
  • 一過性である

 

ということ。そもそも快楽を感じにくい人が一定数いるんですね。それから同じことをしているとだんだんつまらなくなるし、その時が終わればこの幸せな感情は長く続かないのです。

とはいえ、楽しい経験というのは重要な要素でもあります。飽きが来ないように少しづつ変化をつけていくことがポイントになってきますね。快楽を感じにくいという方は、ほかの4つの要素を満たしていきましょう。

関連記事:ポジティブ感情を決定する要因とは

2.エンゲージメント

これはいわゆる「夢中」になるということ。充足感というふうに置き換えてもいいですね。何かの活動に没頭していて時間が止まったような感覚を感じている状態のことをいいます。ポジティブ心理学では「フロー」といいます。

このフローを経験するための条件というのも実は分かっていて、フローを提唱したミハイ・チクセントミハイは8つの条件があると言っています。

  • 明確な目的があること
  • 1つの作業に集中していること
  • 自己意識の感覚がないこと
  • 時間が圧縮した感覚があること
  • すぐにフィードバックが得られること
  • 作業の難易度が適切であること
  • 活動自体に価値があること

条件がたくさんあって難しそうですが、わりと経験したことがあるって人もいるんじゃないでしょうか。スポーツ選手がゾーンに入るとか言うときも、このフローの1つです。特徴として強みや才能を発揮しているときに起こるといわれています。


3.意味

これは、自分よりも大きな何かに仕えているときに味わう感覚のこと。

例えばボランティアなんかに参加して、何とも言えない充実感を味わうことがありますが、それは人生の意味を感じている状態といえます。

人生に意味を見い出すことは5つの要素のなかで幸福感が1番大きいといわれています。もし本当に幸せになりたいのなら、自分以外の何か大きなものに尽くしてみるということが重要になってきます。


4.関係性

これはよりよい人間関係ということでして、友達が多いとかではないです。簡単に言うと親友がいたり、職場の人間関係が良いかということです。

というのも楽しい経験をしたり、充実感を感じたり、意味や目的を感じたり、大きな達成をしたりと幸福を味わうときには、自分以外の誰かがかかわっていることが多いからです。

ポジティブ心理学の創始者の1人であるクリストファー・ピーターソンは、ポジティブ心理学を一言で表すとしたら、それは「他者」であると答えています。

また、アルフレッド・アドラーは人間の悩みはすべて「人間関係」に集約されると言っています。もし世界に自分一人だったら「悩む」という概念はそもそもないのだと。

人間関係があるから人は悩み、幸せにもなるということが改めて実感できますね。いやー、生きるって難しいもんですね!


5.達成

これはある目的を達成したときに味わう喜びのことですね。もくもくと達成することに幸福を感じるという人も中にはいまして、他の4つの要素がかかわっていることが多いです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

いろんな幸せの形を見てきましたが、あなたはどの要素が多かったですか?

先の5つの要素は相互に作用して幸福を作っていきますので、できるだけたくさんの要素を満たしていくことで、今よりもさらに大きな幸せに近づいていきましょう!



それじゃ、またね!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-ポジティブ心理学, 自由な心の育て方
-, ,

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.