心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

マーケティング 自由なお金の稼ぎ方

【感動の心理学】人が感動するストーリーの作り方【仕組みと必要条件】

更新日:

新しいことを知って脳に衝撃が走ったり、何かを成し遂げたことがうれしくて思わずガッツポーズをしたり、ふだんの生活の中で「感動」することってありますよね?

また、ドラマや映画、アニメなんかを見てたら、不意にうるっとしてしまったりすることがあると思います。

僕は最近、Youtubeで「応援団がひたすら激励する」動画でうるっとしちゃいました(笑)

 

けど「なんで感動したんだろう?」と考えたことはありますか?

もし、「ああ、そういえばなんでなんだろう?」と思われるならラッキーです。

 

今回は

・何で感動するんだろう?
・感動する仕組みってなんだろう?

という疑問にお答えしていくからです。

 

もし、感動の仕組みを知って、それを扱えたらどうなると思いますか?

文字通り「人を動かす」ことができるようになりますよね。

 

これって、とってもスゴいことです。

仕事なら、売り上げや成果につながりますし、普段の人間関係だったら、誰かの心に強い印象を残すことができるんです。

 

ということで今回は、社会心理学者の戸梶亜紀彦教授の論文を参考にしました。

「感動」喚起のメカニズムについて(2009

 

 

そもそも、人はなんで感動するのか?

進化心理学では、人や動物が「怖い」とか「うれしい」という感情を持つのには、理由があると考えます。

つまり、「感情」は生きるのに必要だからということです。

 

例えば、「怖い」という感情は捕食者から逃げて生き延びるために必要です。また「怒り」という感情は相手と戦うときの強い動機になりますよね。

人間は集団で生活しているので、集団に適応するために「愛情」を持ったり、「共感」したりもします。

 

こういうふうに、感情には生きるための知恵が詰まってるんですね。

この、適応するために進化したんだっていう考え方を「社会脳仮説(またはマキャベリ的知性仮説)」といいます。

 

では、「感動」することの意義って何でしょうか?

心理学ではこんなふうに考えられています。

「感動」の効用

  • やる気や行動を起こすきっかけになる
  • 新しい考え方や価値観を得るきっかけになる
  • 人間愛や人のためを思う気持ちが芽生える

引用:なぜ感動したいのか/感動創造研究所

 

そうです。感動することは、成長したり、いい人間関係をつくっていくことに役立つからなんですね。

ちなみに、戸梶教授は「感動には、過去へのこだわりを断ち切って未来に目を向けさせるという思考転換効果がある」とのこと。

 

「感動」って人が前向きに生きていくために必要な感情だったんです。

なんか、温かみがあって和みますね。

 

 

じゃあ、人はどんなことに感動するのでしょうか?

 

感動の条件

この論文では、人が感動するときには「ある1つの条件がある」と言っています。

 

それは、ストーリー性です。

人は何かのストーリーや文脈に惹きつけられるんです。

 

そして、感動を生むストーリーには、ある一定のメカニズム(仕組み)というものが存在しています。

 

感動のメカニズム

感動のメカニズムについては、良いストーリーに学びましょう。ということで、数々の名作を分析。

(タイタニック、アルマゲドン、ライフ・イズ・ビューティフル、グリーンマイルなどのヒット映画)

 

タイタニックに関しては、以下のようなストーリー構成となっています。

  1. 主人公とヒロインの出会い
  2. 身分の違いと心の交流
  3. 氷山との衝突
  4. パニック
  5. 主人公の死
  6. ヒロインが主人公の遺志を果たす
  7. 数十年後、ヒロインの死(事故当時の知人たちに迎え入れられる)

と、だいたいこんな流れ。

ラストは、すべてが消化されて何とも言えない感動が訪れます。

 

もし、この「感動」の全貌を知って幻滅したくないという方は、この先を読まないようにしてください。

 

 

大丈夫ですか?

 

 

種明かししちゃいますよ。

 

 

じつは、感動するストーリーにはパターンというものがありまして、どのストーリーもこんな展開になっております。

 

引用

  1. 導入・序章
    物語のシーン設定、共感できる主人公
  2. ストーリー展開
    様々な困難・対立に立ち向かう
  3. クライマックス
    ストーリーが最高潮に達する
  4. その後の事態の収束
  5. エンディング
    ストーリーのテーマが強調される

ストーリーの黄金構造というものがあり、アメリカでは広く知られているようです。

 

幻滅した方、すみません(笑)

 

ただ、この流れはいろんなところで応用可能な技術になっておりまして、

 

例えば、自己紹介のときなんかに参考になります。

「この人、ストーリー性が半端ないなぁ」という感動を作れますよね。

「なんか引き込まれる」というのはとても魅力的です。

 

ほかにもいろいろと応用の余地があるので、ぜひ使ってみてくださいね。

 

それでは。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-マーケティング, 自由なお金の稼ぎ方
-, ,

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.