心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

催眠術 心理スキル

古典催眠と現代催眠はどっちが優秀なのか?という催眠術の話

投稿日:

 

催眠に興味がある人なら知っていると思いますが、催眠術には古典催眠と現代催眠という大きな2つのジャンルがあります。

 

であれば、どっちの方がいいの?と思いますよね。

 

なんですが・・・

結論、どっちもいいです。

(僕自身はもしどっちか選ぶなら現代催眠派です)

 

どっちも知っておきましょう。

 

とはいえ、それぞれのアプローチには特徴があるので、比較しながら見ていくことにしましょう。

 

古典催眠について

よくテレビで見かけるオカルト的な催眠術はこの古典催眠と言われるものです。

 

「あなたはだんだん眠くなる・・・」

というのが印象的なあの催眠術のことです。

よって、催眠術といえば一般的には古典催眠のことを指しています。

 

身体が動かなくなったり、味覚を変えたり、幻視をみせたりと不思議な現象が起こるので、パフォーマンスに向いているのはこの古典催眠の方かと思います。

 

 

それでは、今回はこの辺で。

 

 

現代催眠について

恋愛の指南書なんかでよく見かける「ダブルバインド」や「イエスセット」のようなやり方は、現代催眠の部類に入ります。

あれって、催眠術だったんですね。

 

ちなみに現代催眠ではエリクソンという精神科医が有名で、ほとんどはエリクソンのやり方から生まれたものです。

普段の会話の中で行うコミュニケーションにいろんな工夫をすることで相手を誘導していきます。

 

言葉の言い回しやイントネーションを工夫したり、身振り手振りも交えてメッセージを伝えていきます。

例えば、電車に乗っていて席が埋まっている状況で、どうしても席に座りたいとしますよね。

そんな時は、人の良さそうなビジネスマンの前で具合が悪そうにしたり、座りたそうにしていると、「あの、よかったら席ゆずりますよ」と言ってくれることがあります。

これは、非言語コミュニケーションによって相手に暗示を与え、行動させたと解釈します。

 

これを応用すると、相手の行動に影響を与えることができるということです。

なので、意外と一般の方でも無意識のうちにやってたりしますよね。

 

古典催眠のやり方を知っていた方がもちろんうまくできるようになります。

なので、古典催眠も合わせて学んでいた方がいいんですね。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-催眠術, 心理スキル
-

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.