心理系医療従事者が人生について考えるブログ

自由への逃走

マーケティング 自由なお金の稼ぎ方

【カリスマ研究に学ぶ】実績が無いときのアピールポイントとは

更新日:

どーも、ふじです!

 

面接や仕事関係で、自分はどんなことをしていて、どんな人間なのかということをアピールする場面があるわけです。

 

ただ、人に話せるような実績とかってないから、ほんと困るんですよね~。

 

かといって、何かアピールしとかないとホントに何もないということになってしまいますよね。

 

今回は、そういうときはどうすればいいの?というお話です。

 

結論から言うと

実績がない場合は、可能性をアピールしましょう。

 

以下、詳しく解説していきますね。

 

実績よりも可能性の方が高く評価される

2012年にハーバード大学が75人の学生をあつめて実験を行いました。

企業面接を想定して、どんな学生が採用されやすいかというのを調べたものです。

以下、2つのグループに分けて比べました。

 

達成グループ
 過去の実績をアピール

ポテンシャルグループ
 可能性をアピール

 

結果、どちらの方が印象がよかったのかというと、

②の可能性をアピールしたグループの方に人気が集まりました。

 

意外にも過去の実績よりも可能性の方が高く評価されたんですね。

 

なぜ実績よりも可能性の方が高く評価されるのか?

結論から言うと、人は安定よりも未来に対する期待感を重視する傾向があるからです。

たしかに言われてみるとそんな感じがしますね。

 

必ず100もらえるキャンペーンよりも、500円当たるかもしれないキャンペーンの方が魅力的ですよね。

 

また、過去の栄光(実績)ばっかり話す人って嫌われるけど、将来に対する理想とか展望を話されるとかっこよく感じるなあ~なんてことありますよね。

 

ほかの実験でも、過去の実績をアピールするよりも、将来の可能性をアピールした方が印象がいいというのはよくあることです。

 

さいごに

実績よりも可能性の方が高く評価されるというのは、何のスキルもなくアピールできるものがない人にとって、けっこうな救いになるんじゃないかなあ~と思います。

 

かくいう僕も、過去の栄光を他人に話すのは気が引けるタイプなので、未来の展望を語って、かっこよくスマートに生きていきたいなと思う次第であります。

 

それじゃ、またね~!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ふじ

(元)経験年数4年のメンタル系作業療法士。パーソナルカウンセリング・コーチングの経験を経て独立。現在、自由人。「個人が自由に生きる」ことをテーマに、メンタルの整え方や心理系スキルについての発信をしています。

-マーケティング, 自由なお金の稼ぎ方
-, ,

Copyright© 自由への逃走 , 2019 All Rights Reserved.